新車キャンター クレーン架装 リアアウトリガー架装は大変

 新車キャンター リアアウトリガー架装は大変

▲黄色いブラケットの穴あけ作業
ボルト穴位置を割り出して全部穴開ける。
そしてそれをボルト固定されてる補強板へ溶接
直接フレームには何も溶接出来ない。
非常に面倒な作業
普通に溶接できれば一手間二手間も
早く出来る。
▲裏側のツブレドメ溶接
これもフレームに溶接出来ないので
フレーム内側にボルト止めの板を
留めて、そこに溶接作業
▲ただひたすら手間がかかる。
▲上下の平板は
ボルトフレーム固定
ツブレドメを
溶接する為に取付。
▲ひたすら面倒
▲マフラーブラケットも
もう加工無しでは取付出来ない。
この位置だとマフラーパイプがアウトリガーを
叩いて管楽器もしくは打楽器。
▲バルブブロック取付のブラケットも
全部寸法を拾い出して
水平垂直左右間を見て取付
レバーの連結棒がうまい具合に
はまらないとなりません。


▲リアアウトリガーのシリンダーも
取付して、この後配管を
前から後まで全部生やします。
▲フロートを前後の足に
装着して塗装

▲長い配管
いろんなところを保護して
ずれないようにカバーして
ひたすら時間がかかる。
▲ただただ面倒な作業。




コメント

このブログの人気の投稿

キャンター4P10ベルト切れ

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。