投稿

3月, 2020の投稿を表示しています

エルフ・ダンプクレーン作成 ようやく完成車になりました。

イメージ
日野デュトロ・ダンプクレーン作成 切り替えバルブ取付
 ▲切り替えバルブ 素の状態 ▲いきなり取付完了 この時点ではレバー式 ダンプがついたらレバー操作出来ないので 後日ワイヤー式に変更になります。

▲取付しました、レバーは後日取り外され 別の位置にレバーが付きワイヤー加工します。 このシャシーの上にダンプ取付をします。
これでダンプ架装に回して完成を待ちます。
 ▲3ヶ月かかりダンプが架装されて戻ってきました。
積載2750kgとれてます。
荷台内寸は2200x1600と計算通り。
 ▲動作点検 圧力調整必要でした。









▲隙間が残念ですが
滅多に見れないダンプ背置きクレーン
かわいいです。

スズキジムニー油漏れ修理 ベルト摩耗切れ

イメージ
スズキジムニー油漏れ修理 ベルト摩耗切れ  ▲前回キレイにして返していたジムニー 改めて油漏れとベルト摩耗があり再入庫  ▲コンプエッサー上やダイナモに油がかかっています。 ファンベルトのエンジン側が摩耗して切れてきている。 エアコンベルトは切れてない。 ▲クランクシャフトシールの交換をします。 ちっちゃくてかわいいエンジン ベルトの摩耗はウオーターポンプやダイナモの プーリー軸のズレを確認したのですが 良くわからず、油がかかって弱くなって 切れた可能性もあり今回は油漏れ修理のみを行う。 長時間の試運転をして油漏れ止まった事を確認 ベルトの摩耗も見えないので返却します。 ジムニーってクランクシャフトシール弱いのでしょうか? 6万キロもいってない車で漏れるのだろうか 25万キロのジムニーの方がエンジンルームがキレイだった。
不思議な事もあるものだ。

パッカー車の仕上げ

イメージ
パッカー車の仕上げをします。 今回の素材はおそらく役所で使用されていた パッカー車 モリタエコノスの上物 モリタさんは部品対応が素早くて素敵です。  ▲ところどころ色あせしています。
 ▲内部のゴム部品は交換
 ▲両側のランプカバーは割れてます。
▲ランプやその脇辺りも擦れたり割れたりしてます。

 ▲内部もゴムフラップ類交換、掃除に塗装済

 ▲汚水ホースも交換

▲都内仕様は助手席がスライドドア
風に煽られたり、ドアパンチは起きない。


工具箱を作る

イメージ
工具箱を作る ▲普段は外注してるのですが 今回は作成しています。

▲ブラケットを作ってフレームに
取付をします。




荷台修理 床陥没・床穴修理・レール曲がり・縦根太折れ・横根太折れ

イメージ
荷台修理 床陥没 レール曲がり 床板穴 よく有る破損です、今回は簡易的な修理になります。  ▲穴空いてます。
 ▲左後タイヤあたりが陥没しています
タイヤハウス前後の横根太が折れているから。

 ▲分かりずらいですが波を打ってます
レールは荷台に食い込んでいます。
 ▲荷台を持ち上げて本来の位置に横根太を
上げると隙間が出来ます。
この隙間が今までにヘコタレた木の凹みです
木が潰れた分 根太をつなぐボルトも余って遊んでいます。
車検時にこれを締めろと陸事で指示あっても
サビサビで回らず対応大変です。
 ▲初期位置に持ち上げるための修正します。
簡易修理です、本格的な作業ではありません。

 ▲フレームの最後部、縦根太が折れてます
重量物の長物を運搬中にバンプして折れたのかな。
鉄フレーム末端の当たり面の凹みが痛々しい。

▲本来であれば縦根太交換でしょうけど
今回は簡易修理なので。。
鉄フレームを延長して縦根太折れ部分をサポートします。
▲右側の鉄板はアピトン同士の結合部(接着部)が
剥がれたので補強

 ▲アピトン材を使用して簡易的に穴を塞ぎました。


▲縦根太の折れた部分はアングル材で接合
下側はフレーム延長でサポート
これでもう折れないはず。