投稿

6月, 2018の投稿を表示しています

ユニッククレーンで所狭し。。

イメージ
ユニッククレーンで所狭し。。

4台の架装を行うのですがシャシーが 入ってこないのでしばらく放置が続きます。 他所だと外に放置なんですがわが社は まじめに屋内保管。 邪魔ではありますが。

床張り替え 標準ショートのアピトン1枚物

イメージ
標準ショートの床板張り替えました。 アピトン1枚物です。 ロープフックの数が多いので少々手間取りますが きれいになりました。
裸になったところで部分部分にサビドメしておきます。
いきなり完成ですがほぼ大工仕事。  こまごまとコーキングを入れました。


新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

イメージ
新明和のアームロール修理CCA23-11 上物が途中で動かなくなった。 よくある話ですが今回は特別バージョンでした。 まずはPTO入れてリモコン操作→駄目 バルブ直接操作→駄目 圧力測定→圧力無い 作動油タンク確認→作動油いる ポンプ死んだ? ポンプ手前ホース外してみた→作動油降りて来ない?? なんで?タンクには居ますよ油。 タンク付け根の低圧ホースを分離 オイル出てきません。。 なんでだ? タンクのドレンをはずしとオイル出てきます。 どーして?
低圧ホースの取付穴を下から突っついてみます  ヘドロでもいるかしら? が、居たのは雑巾でした! なんでか分かりませんが雑巾が見事に詰まり ポンプへオイル送れず 当然不動になる。という故障?でした ポンプ焼きついているかもと思いましたが無事でした。
 ポンプ手前でホースはずしているのに 作動油が出てきません。詰まりか?  ドレンコック 錆もあり水も含んでいるので交換です。 見事に黄色い作動油でした。
 作動油のドレンからは出るがポンプ手前の 低圧ホースからは何も出て来ない不思議。  手品のように雑巾出現 我々の想像を見事に裏切る不具合。 作動油・ゲージ・エレメント・低圧ホース交換 キャップが無かったのでエルフの 鍵付きキャップで代替。 今回の故障原因はキャップ紛失から 始まっている様子。 キャップがなくなっても 代替は雑巾使わず 軍手だろと思うのだが。。

エルフの軽々ゲート 精工ラック修理

イメージ
エルフの軽々ゲート 精工ラック修理
(これはいすゞ純正品だった) 真ん中のピンで挟まれている棒が
よく割れる・折れる・曲がる奴です。 メーカーの計算値より負荷がかかると壊れます。 この車もアオリ上に加工物があり計算値より 負荷がかかっています。
あおり内側の木材も割れたり
あおり外側の化粧板が外に外れたり
色々ありますがたいていの場合はどうにかなります。
 このバーティカルロックも良く壊れます。 横のアオリのロックです。 歪んできて閉まらなくなる 歪んできて内部スプリング破損する 横アオリのロック固定部分が破損する などなど部品も出るので修理できます。 今回はやりませんが。  ロックのスプリングが居ません。  負荷のかかりすぎであおりのヒンジ破損 あおりフレームの断裂です。 溶接補修がしてありますがもう駄目みたいです。 腐ってる部分には溶接効かないので 当て板にて補強しました。 しばらくはモゲルことも無いでしょう。


トヨエース・ダイナ・デュトロのエアコン吹き出し口切り替えレバー動かない

イメージ
トヨエースのエアコン吹き出し口切り替えレバー動かない とのことでバラしてみるとワイヤー取付け部が破損している。 ワイヤーを交換するには狭いところに潜り込む必要がある そもそもフラップ固着かもしれないし。
 ワイヤー先にピン頭が破損してレバーから取れてしまっている。 バラしてフラップの動きを確認 固着がある 原因追求に窮屈な体制を 強いられる。。  これが本来のケーブル末端 この突起が千切れる位に 強く操作してレバーから外れている フラップがこれを飛ばすほど固着しているか 潜って確認する  この狭い奥に居るフラップの動作確認 しびれる作業 フラップ部が外れていて
動作が悪かった、力ずくで動かして
破損してしまったと思う。
エアコン切り替えレバーは
よく破損します。
強風の時には切替せず風量やさしいと時に
レバー操作もやさしくやりましょう。


花見台自動車セフティローダーSF21の荷台浮き修理

イメージ
花見台自動車セフティローダーSF21の荷台浮き修理 何故かローダーを格納しても前方が浮いている 走るとバウンバウンしてる 前方の上下するシリンダー不具合かと思い 分解してみたが何も噛みこんでいない。 やはりフレームが歪んだ様子。 何故かはよく分からない。 フレームを修正して終了。  浮いています 分かりにくいですね。
 シリンダーばらすも問題無し 何も異物いません。ナットも外れていません。  直った絵 分かりにくいですね。
フレーム修正の作業絵はありません。

100万キロ越えのドラム交換

イメージ
100万キロ越えのドラム交換 ヒビヒビな上に縁が立っていて 普通にライニングがひっかかり もう駄目です。


新品で生まれ変わりました。
 油漏っています、リビルト交換です。

新明和RE6パワーゲート修理 スイッチ交換

イメージ
新明和RE6パワーゲートの修理 柱の中のスイッチを交換 作動油タンクのパッキン交換
ゲートに鉄板加工されていて 立ち上げるのが重くなっている。 スプリング強化しないと腰に悪そう。