投稿

排気ガス優良低減装置DBSの修理

イメージ
 排気ガス優良低減装置DBSの修理 もう部品供給もほぼ無いので やりたくないのだが 出来るならやってみますということで 修理してみた。 ▲供給ユニットをばらして 各ポンプの動作点検 これでポンプだともうアウト 部品ありません。 ▲先に水タンクをはずして内部清掃 汚いです。センサーもフィルターも清掃。 ▲今回の最初の不具合は洗浄モードで水が漏れる現象 水ポンプを外して内部みたら上記の通り 汚れまくっています。中古に交換。 ▲きれいな中古 これも中古供給ユニットを分解して ばらして取り外した品物 使えるかわからないのを取り外しています。 部品駄目なら無駄な作業になります。 ▲リレーユニットも駄目 中古交換 ものすごい久しぶりの作業なので 試行錯誤しながら作業完了。

パッカーのチェーン交換

イメージ
 パッカーのチェーン交換 ▲上のシングルチェーンが切れました。 ▲こちらは新品取って交換 72リンクでした、3種類あるらしいので リンク数えて実際に合わせてみてこれだろうというものを注文。 ▲下のダブルチェーンのリンクが一個いません。 ▲リンクだけとって接続 今回気がついて良かった。

リアアウトリガーの高さ調整

イメージ
 リアアウトリガーの高さ調整 ▲スペーサーがついているため 真下にすると地面との余裕が有りません。 不整地でスリッパを入れるのが厳しい隙間。 ▲アウトリガーのスペーサーを切り取る予定でしたが 取付けネジ位置変更で大丈夫そうです。

UNICローダー アルミ後アオリ お客さん修理

イメージ
 UNICローダー アルミ後アオリ お客さん修理 3.5トン積載ローダー アルミアオリが破損した アオリ側のピン受けが飛んだ。 お客さんが自前で修理したのを見せてもらいました。 ▲鉄でピン受けフランジ部分を作成し アルミアオリに貫通ボルトで留めています。 上側がナットだけなので強度的には 不安ですが我々は怖くて手が出せないので これはこれで良しと考えます。 ▲本来の姿 ▲これが千切れるとは 何をしたらそうなるのか。 ▲こっちは中身がいません ▲アオリのピン受けがいません 4つヒンジがあるところ右2個が破損 アルミなので修理不可、新品交換すると 安い中古車が買えます お客さん頑張って自分で一つは修理しました。 でも一番右は諦めました様子。 ▲ちょうど他のお客さんの車両がアルミアオリ だったので参考に。 ▲珍しい3500kg積載 ▲本来のあるべき姿 ▲これが切れていなくなっています。

デュトロ・トヨエース・ダイナのABSリング ハブベアリング

イメージ
 デュトロ・トヨエース・ダイナのABSリング ローダーなので元自動車屋の車に間違いないのですが それを中古で買ったお客さんから初車検を受けました。 リセットするつもりで悪いところをやるのですが たいてい車屋さん所有の車って何も整備してない感じです。 ▲ABSリングのボルト 固着腐食で外れそうも有りません。 オイルシール交換するのと同時に取り外し。 ▲汚れたグリス 固形化したグリスが見えます。 ▲良い加減で色づきました。。。 一度も交換してないんでしょうね。 ▲長いことグリスも交換してない ひょっとしたら一度もバラしてないかも とにかく汚いグリスたち 今回全部掃除してきれいにしました。 デフオイル・ミッションオイルもひどい汚れでした。。

冷凍車の車検 今まで何もしてないような。。リセット必要

イメージ
 冷凍車の車検 今まで何もしてないような。。リセット必要 ▲見事なドラムの溝模様 ▲4輪とも同じ感じ ▲若干水漏れ  ▲汚れまくったサブタンク 冷却水がどこまで入っているか見えない 脱着掃除します。 ▲ブーツ切れ ▲ブーツだめ ▲シャックルブッシュ4輪駄目 ▲割れ ▲シャックルブッシュあたっている ▲エアダクト 亀裂 ▲固形化 ▲素敵 ▲リーフあたりゴム減りまくり ▲こっちはいます。 ▲オイル漏れ ▲研磨後 ▲作業前 ▲新品ライニング これでブレーキの効きは良くなる 異音もしなくなります ▲車高灯 腐っています。 台座も駄目なので新品交換 ▲ですが穴も駄目なので この冷凍機カバーを脱着して取り付けとなりました。 ▲汚いホイール ▲きれいに銀塗装 色々リセット作業しました。