投稿

クレーン修理 ホース全部交換

イメージ
クレーン修理  ホースを全部交換しました。 年次点検やクレーンをいじれる所に 車検や整備を出していない限り ほぼ放置プレーのクレーン。 今回修理に入ったので全部のホースと 作動油・エレメントを 交換させて頂きました。 現場で使用しているときにホースが 切れたらどんなに大変なことか。。 早めに対応ください。

▲作動油とエレメントも交換

後アオリ交換

イメージ
後アオリ交換です。 アオリが開閉出来ないほど歪んでしまったようです。 業者さんの部品支給で治します。  ▲既存アオリ取り外しました。  ▲レールも取り外して曲がりを修正します。
 ▲新品のアオリとバーティカルロック取り付け きちっとヒンジの位置合わせをして完了 ▲本来リベットですが裏にナット溶接で対応。 後ろだけキレイになりました。。

クレーン修理 バルブからの油漏れ

イメージ
クレーン修理 バルブからの油漏れ   ▲汚れています、良く有ることです。  ▲レバー一式外して裸にします。
▲スプール一本づつバラして交換修理します。

エルフのエンジン乗換

イメージ
高速道路でエンジンが止まりました。
▲エンジン始動できない状態でレッカー
オイルパン空けるとメタルがたくさん
 ▲オイルはとてもきれい
スラッジもメタルもいない

▲見えないもっと下部のメタルが破損している様子
正直どうしようもありません。
オイルと水の管理はしっかりやってるエンジンなのに。。
 ▲リビルトエンジン



▲リビルトターボ

エンジンが壊れるという事件は
非常に嫌なものです。

オーバーヒート エンジン修理

イメージ
オーバーヒート エンジン修理 ヒーターが効かない 高速道路で水温Max ランプ点滅 リザーバータンク吹き出して空 入庫して水を入れて実験しましたが ラジエターの口から勢いよくアブクが出ます ラジエタキャップをして圧力がかかると リザーバータンクに勢いよくエアが来ます。 どっかで水路にエア入っています。  ▲バラします。 ▲冷却水の漏れあります。


▲汚い吸気系








 ▲ここ怪しい

▲ガスケット切れてる

ガスボンベ運搬用タウンエース(トヨエース)のパワーゲート車にアピトン材を貼る。

イメージ
タウンエース(トヨエース)のパワーゲート車にアピトン材を貼る。  軽量のガスタンクを積むらしくトヨエースのガソリン車が選択されました。 この車は長く使用出来る車にしたいとのこと。 既存の車は何もしなかった為ガスタンクの積み込み等で 荷台がボコボコになったとのこと。 本日初めて現行タウンエースを見ました。
企画設計時には現車無かったので 材料は準備していますが
これからどの様に加工 するか考えながら作成します。


 ▲床にもアピトン貼ります。
このボコボコのクボミが気になります。 ▲鳥居下のえぐれ部分 ここにも鳥居を破損しないようにアピトン材を 貼り付けます。この状態では取り付けようが 無いので、取り付け用のブラケットを作成します。 ▲鳥居下にブラケットを作成しました。 これでここにアピトン貼れます。
▲仮置、120mm幅(厚み21mm)アピトンですが
純正ボコボコ床の為に くぼみ部分に接合部分が来た場合そこに重みが かかると板が歪む可能性があります。 くぼみ部分にスペーサー厚み11mmを入れなくてはなりません。 組み合わせ式アピトンは厚みがあるので良いのですが もっと薄くて良ければ、一枚ものにすれば凹みを
気にせずにもっと簡単に作成出来ます。

▲アピトンの各接合部にはコーキングを入れて接着します。
▲水を吸って膨らんだりして板がズレるのを防止するために 左右にストッパーを取り付けます。
▲ようやく鳥居に着手