投稿

ダンプクレーン修理 不慮の事故

イメージ
ダンプクレーン修理 不慮の事故

▲ダンプクレーンに乗る誰しもが やってしまうかもと思う事故 ブームが後向きにある時にダンプを上げてしまう事故。 今回はPTO入れた時にダンプレバーが少し開いていたとのこと 非常にゆっくりダンプが起きた様子 クレーンの傷は何でもないのだが 軽量で柔らかく?作ってある鳥居が曲がりました。

▲とっても柔らかく軽い鳥居。。

▲なんとなく形になりました。 切った貼ったはせずに復活させているので折れ線は残ります。 短冊部分が伸びてしまし炙って縮めました。
▲この辺が落としどころ・・修理完了。

クレーン修理 URG動かない

イメージ
クレーン修理 URG動かない ▲犯人

フォワード EGR清掃・インテークスロット交換

イメージ
フォワード EGR清掃・インテークスロット交換 DPD強制再生が途中でエラーになります。
 ▲EGR脱着清掃 ものすごく汚れているわけではありません。  ▲インテークスロットル交換

▲すごい汚れ。 インテークパイプの中も汚れていたので 出来るだけ清掃しました。 補正値も悪かったので インジェクター6本交換します。

クレーン修理 ブーム折れ

イメージ
クレーン修理 ブーム折れ ▲新型URGです。。

 ▲バランス中心を出して下ろします。 
▲ふくらんでいます。 簡単には抜けません。
▲1本目から抜きました。

▲曲がったブームからシリンダーを抜く。

▲ブーム②は切って分解しました。  ▲新品到着  ▲各シリンダーの付属部品の入れ替え
シーブやら伸縮ワイヤーなど。

トラックあおりの再生 外側も内側も

イメージ
トラックあおりの再生 外側も内側も。 外側の化粧板も交換
▲サビて穴開いてます。


▲あおり内側のアピトン板30mmを取り外し
とってもお金のかかった作りです。
 ▲このサビて傷だらけの鳥居も塗ります。


 ▲あおり内側の部分にサフェーサー塗装


 ▲錆傷が深い
▲化粧板の内側 見えないところもサフェーサー塗装
 ▲30mmアピトンを貼る。


▲70mmのボルトは80本/箱。。足りません。