投稿

排気ガス優良低減装置DBSの修理

イメージ
排気ガス優良低減装置DBSの修理 久しぶりのDBS修理 すっかり市場から姿を消したと思っていましたが 生き残っていました。 なんとかして動くようにしてあげたい。 現車の何が悪いかをひとつひとつ診断し タンクを全部外し内部洗浄・配管の洗浄と 最初は掃除ばかりが続き不動の部品を探していきます。 何が悪いか分かったところで既に部品供給が無い物もあり 今度は当社在庫の中古部品を探します。 中古セットから部品を外し、清掃し動くか確認してから組む 時間のかかる作業です。。 ▼ポンプが4本あります。それぞれ動作確認して生死を見極め。 ▲その上の日産にありがちなフィルターも全部交換 ▲新品と中古と組み合わせて復活を狙います。 ▲当方在庫の中古ユニットから使用できる部品を探します。 新品部品が無いので中古キットから 外して使用可能か点検するのですが、どうしても1点のポンプが駄目。 ▲ポンプ単品にして電気入れて動作点検。。  ▲どうしても動かないので中身を見てみる。。 ポンプ内部を分解すると腐ってる。 本来この手のポンプは燃料がいるのだけど DBSに限っては水が入る、それが数年滞留していれば みな錆びてしまっている。電気を入れても ビクッとはするものの回らない。。困った。 ▼ようやく新品ポンプを入手した。 金口も全部移植可能で希望が見えてきました。 全部組み上げて1日動作点検・走行実験して確認作業終了。 時間もお金もかかりますが特殊な車両なので復活して 良かったです。

ダイナバンのトヨタ内製パワーゲート修理

イメージ
ダイナバンのトヨタ内製パワーゲート修理 ゲートを出すのが渋いてこずる、当然収納もスムースで無い トヨタ内製のパワーゲート、あまり見ない構造ゆえ 分解しないと何が悪いか分からない。 ベアリング死亡・ピン腐・磨耗など ガタガタになっている。 グリスニップルなども無い様子なので 駄目になるべく駄目になったみたい 諸々交換・作成してスムースに開閉出来るように修理。
▲床下に隠れているゲートなのですが床が歪んで
ゲート板に干渉している。 プレスしながら溶接で平にしました。


▲全てのベアリングを交換します。
このアームも下向いているので肉厚加工して水平に戻します。 ▲ここにもローラーがいました。 すっかり錆びているので磨き上げて新品ベアリング投入。  ▼ベアリング交換します。 ローラーやベアリング交換などをしても構造的に 何か上手くスライドしないクセのあるPG 新車時のスムースさ加減が分からないのですが
これで修理完了。

トヨタコースター(日野リエッセⅡ)のエアサス交換

イメージ
トヨタコースター(日野リエッセⅡ)のエアサス交換 後輪が下がってきたコースター、放置3日目にはシャコタン気味 なのでエアサス交換します。 当然ですがベローズには細かいヒビがあります。 これでしばらく様子見して駄目なら他も順々に交換します。




フォワードから笛の音

イメージ
エンジンから笛の音が聞こえてくる。 とのことで預かったフォワード 排気ブレーキが入った状態で低回転時に アクセル離した時に「ぴゅー」と音が鳴る。 しかしエンジンが温まると消えてしまいます。 いろいろ外して確認実験しました。 結果、マニホールドからの排気漏れ 1番4番のところから しかもマニホールド歪んでいます。 念のために交換、何で歪んだんだろう。  ガスケットの交換だけで直ったかも知れないが 念には念を入れて交換しました。
▲1番4番から漏れ跡 この漏れ跡確認も諸々外さないと見えない場所にある。 ▲▼定規から1mm位浮いている、これが通常形状か歪みか分からないが これが原因で笛の音発生と思われる。 削って調整するほどの物でも無いので交換しました。

ダンプのパタンコ・コボレーンと呼ばれる物を作ってみた。

イメージ
ダンプのパタンコ・コボレーンと呼ばれる物を作りました。 お客様の依頼で作成 いろいろ試行錯誤しました。


 かなり丈夫に作成しました。
通常ヒンジ部分が2個ものが多いのですが
当方は4個で作成、ついでにパイプ部分補強も多い。

ホロを作成してもらい陸事で登録して終わり。 陸事の監査官はこれをコボレーンと呼んでいました。
二日後にすぐに戻ってきました。。 もう一回作る機会を得ました。 もっと上手く作れると良いな。。。

マエダカニクレーン兄弟

イメージ
珍しくマエダのカニクレーン兄弟が修理で 入庫しているので記念写真。 どちらも重整備で無く、年次点検や簡単な修理 部品待ちの間の記念写真です。

MC104と235

排気シャッター交換

イメージ
排気ブレーキが利かないエルフの入庫 排気シャッターの交換をするのですが もろもろ錆で回らない・取れない・・ 取ってみたら前側パイプのボルトがすごい形状に。 この車両は降雪地帯ばかり行くので 普段我々が見る関東の車とは違うやつれ方。 雪の振る地方の整備をしている人は きっとすごい大変なんだと思う。