投稿

クレーン修理 テレシリンダー沈降 縮みます落ちます

イメージ
クレーン修理 テレシリンダー沈降 縮みます落ちます。 造園屋さんのクレーン点検をしていました。 造園屋さん仕様だとご理解下さい。 木を剪定する人達ですね 非常に怖いですね。 ブームが縮みます(テレシリンダーが縮む) 今回はテレシリンダー分解オーバーホールです。 ブームの長さが変わらずに下に落ちる時は デリックシリンダー(起伏)等の作業となります。


▲ブームを下ろしシリンダーAssyを下ろし 分解しています。  ▲残念なことに部品が破損して内部を傷つけていた。 今回はチューブとピストンの交換 ▲こちらはまだ軽微な損傷  ▲新しいチューブ ▲古いチューブ
シリンダーを組み上げて
この状態で油圧を入れて動作確認を行い
問題が無いことを確認した上でブームと合体
荷重テスト等の完成検査を行い修理終了。

クレーン修理 長さ検出器交換

イメージ
クレーン修理 長さ検出器交換 この部品は高いです。 取り替えたあとに長さ調整をします。




▲交換してから長さ調整を行い終了

ユニッククレーン ブームの凹み

イメージ
ユニッククレーン ブームの凹み  ▲ぶつけています。
▲ブームの凹みより ワイヤーのキンクの方がアピール大きい
ブームの交換で修理終了

クラッチ交換 見たこと無い破損

イメージ
クラッチ交換しました。 ちょっと見たこと無い破損具合なのでアップします。  ▲わざとやった?か?と思いましたが。  ▲カバーが変な形です 初めて見た ▲妙にズレがある ▲なぜこうなる?
  ▲ディスクが塊になっている
こいつがカバーに挟まっていた。。
どうやったらこうなるんだろう?

▲元・クラッチディスク
羽が全部飛んでいるのを初めて見た。
これじゃ走るわけない
フライホイールが心配だったけど
当たる相手がいないので再利用可能でした。

クレーン取り付け位置修正

イメージ
クレーン取り付け位置修正 歪み・浮き・割れ・剥がれ・位置ズレなど諸々あるので 直します、クレーンを浮かせて 潰れどめを再作成取り付けなど諸々作業します。
 ▲溶接が割れています。  ▲ボルトが緩んでいます。  ▲クレーンを浮かせて作業


▲見えないところも直したのですが
写真撮りにくい
つぶれどめ等を直しています。

大型車ウィング修理 シリンダーから油漏れ シリンダー交換ホース金口交換

イメージ
大型車ウィング修理  シリンダーから油漏れ  シリンダー交換 ホース金口交換 本当はシリンダ前後同時に交換が良いのですが 今回は後ろのみを交換、前は交換せず。 この状態では下降スピードにズレが出て 後ろは早く閉まるけど前はまだ空いている状態 ウィングが歪みます。。
ホース内径や流量の調整など試みましたが
目立った改善は無く ウィングを閉める途中で止めると油圧が前後
移動するようで若干歪みが緩和されます。
この作業をしてから閉めると良いようです。

フォワード荷台拡張作業 ハウス仕様 タンク増設 鳥居に工具箱取付

イメージ
フォワード荷台拡張作業 ハウス仕様 タンク増設  ▲ボディ幅を各100mmほど拡張します。 荷台は全部作り直し。
▲5mの荷台長の短い標準幅のボディ
 ▲鳥居に工具箱取付します。  ▲100Lタンクを追加します。







▲アオリとレールを取外し
床と横根太を分解する
折れまくり、横根太は割れまくり。
 ▲建根太は角パイプ
 ▲100Lタンク追加 減トンですね。