投稿

アオリの内側板の交換

イメージ
アオリの内側板の交換をします。 支給された純正アオリ板は最初から穴が開いている高級品 普段は当方で穴を開けるのですが 今回はその作業が簡略化 ただ、クレーンついているので位置ズレあるので 若干は穴あけ直しも必要です。
 ▲穴が開いているのを喜びましたが そう簡単に作業は進みません。 取り付けボルトが外れません一緒に回ります。 ナットを溶接してはずします。
 ▲作業前のオリジナルの状態 この感じはよくありますね これで精工ラックとか付いていると更に悪化します。 ▲作業後 綺麗です。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

イメージ
クレーンへのグリスアップはほどほどが良いです。 あげ過ぎると問題が出ます。 このクレーンは愛が大きすぎてグリスがてんこ盛り になってしまいました。 ここになるまで何年もかかっていると 思いますがあげすぎです。 コードリールもグリスで絡むことがありますし ほどほどでお願いします。

▲ブーム上部にはあげなくて良いです。 側面と下面だけ必要です。
 ▲グリスを落とします。。
 ▲切り替えバルブ交換
 ▲シリンダーのパッキン交換
▲以前にもパッキン交換された様子
ごつい工具使用されたみたいです。
この後組んで作動点検・荷重テストして終わりです。

ダンプアオリをステンレス加工 錆がすごくて大改造になる。

イメージ
ダンプの3枚扉の下側ドアにステンレスを巻き ヒンジ部分も全部ステンレスに交換します。 錆がひどく、ステンレス化して今後の錆対策。

▲ヒンジ部分がつぎはぎ補強だらけで錆だらけ ▲しばらく錆との戦いが続きます。 ▲上記の袋とじ部分を開けると ▲すごいものがでてきました。 ▲歴史を感じます。 どうやって剥がれ落ちたのでしょう。 ▲右も左も錆がてんこもり ▲全部とりはずしてステンレス板を曲げて交換します。
 ▲綺麗に切り取り
▲すっきりしました。
▲内壁の錆もひどい
 ▲横アオリの錆も落とすと。
 ▲綺麗に穴が開きました。3.2mmの鉄板を貫通する
錆はすごいです。

▲もう悪い部分を切り取り交換しかありません。
この上に鉄板貼っても仕方ありません。
 ▲気持ちよく切り落としました。