投稿

8月, 2020の投稿を表示しています

前田カニ 年次点検

イメージ
前田カニ 年次点検
▲エンジンがかからなくなった。ガソリン全抜き 腐ってますいろいろ清掃点検します。

あおり修理 ガタガタのあおりをシャキッとさせる。

イメージ
あおり修理 ガタガタのあおりをシャキッとさせる。

▲ボディ・レールを見るとひどい状況 あおりだけ修正してもいつかは他に問題がでると思われます。 ▲ボロボロですガタガタですどうにかシャキッとさせます。多少重くなりますけど。 ▲3.2mmと丈夫で重い鉄板でがっつり補強します。 溶接できるところが少ないこともあり大型板使用。
▲右も左も似たようなものですが すっかり朽ち果て割れまくりてます。 ▲表側も補強、いつまでヒンジ部分が持つか不明。 ▲内側の板がいないので今まではあおり開閉すると 歪みまくり、たわみまくりで全て前方の割れた所に 力が集中した。途中に平板で肋骨になるものを入れて たわみを軽減 これでしばらく維持出来ると思う。 ▲あおり前方の割れ部分は強烈に補強 溶接できる、残された部分が少ないので大きな補強になる。 ▲肋骨たち、これでたわみが少なくなります。 このボディ形状は内側の板がボルトナットで 外板と固定されて初めて意味があるボディ 骨組み少ないので弱いと思う。

▲レバーもゆるゆるなので穴位置削って調整


クレーン架装 小平ボディの3本サイドバンパー作成

イメージ
クレーン架装 小平ボディの3本サイドバンパー作成

▲角パイプでコの字を作成3本とも水平 歪み無しで作るのは時間かかります。



▲荷重試験して終了。

新型ファイター また何か新しいものがついている。

イメージ
新型ファイター また何か新しいものがついている。
▲ガラス面の黒い部分カメラとかレーダーとかなんでしょうけど飛び石を防いでくれるわけでは無いわけでガラス割れたら高そうです。ガラス屋さんもいろいろ大変そう。

エルフ リーフが折れた

イメージ
エルフ リーフが折れた。


ダンプ修理 3枚扉の下側腐り 新規作成

イメージ
ダンプ修理 3枚扉の下側腐り 新規作成


▲直すより新規作成の方が早いので新規作成となりました。 前回はステンレス張りで作成しましたが今回は時間無いので 鉄で作成しステン板を貼ってみます。 ヒンジ穴がガタガタなのでそこも補修しないと。 ▲角パイプで骨組み作成 ▲ピン穴も拡大してて使えません、新規作成
▲いきなり完成写真です。


▲ヒンジも新規作成 ▲これは新明和純正部品 流用

マリンクレーン年次点検

イメージ
マリンクレーン年次点検
URA型です、少し古いです。


 ▲塩水との戦いでのサビ多数 ▲シーブも通常品で無く メッキ加工されています。
その分高価です。
 ▲仕切板も新品交換・ただの鉄板なので
こちらはサフェーサー・塗装します。
脇の調整用カラーはサフェーサーまで。
脱策ローラー(2個)は再利用で内部ベアリング交換
もう一つのローラーはローラー・ベアリング交換
 ▲こちらのローラーも交換
▲こちらも。
マリンクレーン用部品は部品供給が通常品より
スムースでは有りません。
諸々がステンレスだったりして
通常部品より高価です。
油圧ユニットは別ユニットがあり200vで油圧発生させます。
一度工場内に入るとしばらく鎮座して
他の作業できなくなります。 船上で動かなくなるようなことが無いように 整備しなくてはですが荷重テスト等出来ないので 難しい部分多々あります。