投稿

1月, 2019の投稿を表示しています

トヨタコースター(日野リエッセⅡ)のエアサス交換

イメージ
トヨタコースター(日野リエッセⅡ)のエアサス交換 後輪が下がってきたコースター、放置3日目にはシャコタン気味 なのでエアサス交換します。 当然ですがベローズには細かいヒビがあります。 これでしばらく様子見して駄目なら他も順々に交換します。




フォワードから笛の音

イメージ
エンジンから笛の音が聞こえてくる。 とのことで預かったフォワード 排気ブレーキが入った状態で低回転時に アクセル離した時に「ぴゅー」と音が鳴る。 しかしエンジンが温まると消えてしまいます。 いろいろ外して確認実験しました。 結果、マニホールドからの排気漏れ 1番4番のところから しかもマニホールド歪んでいます。 念のために交換、何で歪んだんだろう。  ガスケットの交換だけで直ったかも知れないが 念には念を入れて交換しました。
▲1番4番から漏れ跡 この漏れ跡確認も諸々外さないと見えない場所にある。 ▲▼定規から1mm位浮いている、これが通常形状か歪みか分からないが これが原因で笛の音発生と思われる。 削って調整するほどの物でも無いので交換しました。

ダンプのパタンコ・コボレーンと呼ばれる物を作ってみた。

イメージ
ダンプのパタンコ・コボレーンと呼ばれる物を作りました。 お客様の依頼で作成 いろいろ試行錯誤しました。


 かなり丈夫に作成しました。
通常ヒンジ部分が2個ものが多いのですが
当方は4個で作成、ついでにパイプ部分補強も多い。

ホロを作成してもらい陸事で登録して終わり。 陸事の監査官はこれをコボレーンと呼んでいました。
二日後にすぐに戻ってきました。。 もう一回作る機会を得ました。 もっと上手く作れると良いな。。。

マエダカニクレーン兄弟

イメージ
珍しくマエダのカニクレーン兄弟が修理で 入庫しているので記念写真。 どちらも重整備で無く、年次点検や簡単な修理 部品待ちの間の記念写真です。

MC104と235

排気シャッター交換

イメージ
排気ブレーキが利かないエルフの入庫 排気シャッターの交換をするのですが もろもろ錆で回らない・取れない・・ 取ってみたら前側パイプのボルトがすごい形状に。 この車両は降雪地帯ばかり行くので 普段我々が見る関東の車とは違うやつれ方。 雪の振る地方の整備をしている人は きっとすごい大変なんだと思う。

床板交換 アピトン材1枚物 アオリ板も一緒に。

イメージ
床板とアオリ3方の床板交換の仕事。 床板はアピトン14mmの一枚もの アオリもアピトンで用意しました。


▲凹んでいます。▼直します。
 ▲錆びています。変換材とサフェーサー処理します。    ▲錆びています、変換材とサフェーサー処理します。




▲あとはコーキングして終了。


しっかり整備する車検と、ただ通すだけの車検の違い

イメージ
「車検を通す」は必ずしも車両整備をしているわけでは無い。
お客さんの依頼でやらない、もしくは
整備工場側の都合でやらない等あると思うけども。 今まで何も整備をせずに車検を通していると ブレーキ部品がこんなんなるという 分かりやすいサンプル車両が来ました。 中古で購入して来た車両ではよくあるパターンです。
ブレーキのシリンダー内部の 錆がひどく、今まで分解したことも無いのでしょう。
しっかり整備しました。