投稿

9月, 2019の投稿を表示しています

軽自動車へヒッチメンバー取付

イメージ
軽自動車へヒッチメンバー取付 業者さんからの依頼です。 ダイハツ用のヒッチメンバーセットです。 ポン付け出来るわけでは無く 車両側の加工が必要でした。
スペアタイヤも取付できなくなる。

▲配線加工を取り説ではワイヤ噛み込むタイプを 使用するようにあるけど まじめに全部ギボシ加工しました。 このボール部分はピンで脱着可能なので 車体全長は変わらない様子です。

ハイエースのLEDリアランプのコーキング加工

イメージ
ハイエースのLEDリアランプのコーキング加工 お客さんの趣味のこだわり 新型LEDランプの取り付けをしました。 車体側クリップ全数交換するとチリが良くなります。 また、完全に趣味の世界ですがランプの レンズと本体の間の若干の隙間を透明コーキングで 埋めて欲しいとの依頼
こだわりが深くて我々には理解できません。
▲マスキングが面倒な形 透明コーキングを空気を入れないで 詰め込むのもやっかいな作業 レンズが汚れないように 地味に地味に作業。

PTOコントローラー交換

イメージ
PTOコントローラー交換。 ▲これはデュトロ用ですが エルフも同じ部品を使っています。

サニトラ荷台を塗る

イメージ
サニトラ荷台を塗る  ▲荷台上に載せる鉄板 きれいなタイヤハウスの 切れ込み 下側はサビドメ材塗りました。  ▲下地はグレーでサビドメ材塗布 ▲鉄板は白に 見えるところ全部白に塗装 これでまだまだ現役続行できます。

ちゃんと車検整備していな車の車検整備

イメージ
ちゃんと車検整備していな車の車検整備 今までの記録も無い ドラムも開けてない そんな感じの車の車検整備 よくある話です、初期化します。  ▲きったないグリス  ▲きったないカップ  ▲ブチルで穴塞ぎ
幾らもしないキャップを購入して フタをすればよいのに  ▲固形化したグリス   ▲最後に分解したのはいつだろうな前ホイール ▲パイプ変形 ▲後から押してパイプつぶれた様子 直すにはタイコから交換必要
ついでにラジエターも穴空いてたので交換。

古いキャンターの荷台再生

イメージ
古いキャンターの荷台再生 持ち主がお年寄りなので後輩も 居ないので自分の代で終わる予定。 だから車を買い替えるつもりは無い。 荷台がボロボロなので再作成します。

▲全ての横根太がすごい状態 全数横根太交換します。
▲各板が横根太に乗るように敷き詰めます。
板がもったいないですが仕方ありません。
コーキングして黒ニス塗装し終わり。

エルフのミッション交換

イメージ
ミッションが入らなくなり
走れなくなったエルフの修理 クラッチは新品交換したばかりらしい まだ遊びがあります。 だいぶ前からギアが3速5速に入らなかったらしい そしてついに動かなくなったとのこと

 ▲ボロボロですね
▲ミッションから出てきたゴミ
いろいろ破損していると思います。
 ▲代替の中古ミッション 錆びてます。福島産らしい
 ▲中古はブーツ交換してくれない様子。
 ▲そして何故かギアが入りません。
出荷前に調べてくれてない。
▲空けたら位置がズレてる。
全くの中古なら空けてないけど
これちょっといじってる
ケース開けてコーキングしてるし
動作確認無しで商品化完了した様子。
ちょっと残念な商品。
直して使うけど。
何故か錆びている 何故だ?怪しい。。
 ▲ミッションオイルを入れる前に下抜きしたら
水が入っていた様子が伺える
▲合体して試験走行
やっぱりオイルが白濁する
まだ水気があるんでしょうね。
何でだろう。。


クレーンの重整備

イメージ
盗難されて仕方なく購入したというクレーン車 とっても古いのでいろいろ整備が必要です。 まずは作動油漏れ 作動油タンクがベースと一体型なので ベース亀裂から油が漏れています。 その他ブーム動作など不具合あるので 一度リフレッシュ必要 下ろして地味に地味に修理をして行きます。  ▲下ろすだけで大変 工具箱など邪魔者がたくさん ボルトナットも古いので結構厄介です。






▲今までの所有者が直してきた跡があります
改めて修理溶接します。
 ▲作動油のサクションフィルター
ヘドロを吸っていました。
 ▲作動油タンク床面にはびこるヘドロ
 ▲灯油とスチームで清掃一式
 ▲駄目なホースは交換
 ▲地味に溶接
 ▲アウトリガー出して走行して衝突でも
したのでしょうクレーン取付ボルトブラケットが
曲がっています。