投稿

5月, 2020の投稿を表示しています

クレーン修理 旋回減速機修理

イメージ
クレーン修理 旋回減速機修理 荷を吊った状態で旋回が出来ないと入庫。 荷台に乗ってブームを手で押して左右に振れますか?と 聞くとかなり振れている。。とのこと 想像通りの状態で入庫となりました。
 ▲すっかりガタガタで水が侵入して ギアがギアでなくなっています。


▲上蓋も溝が無くなっている シャフトも削れているで 諸々部品交換して終わり。 年次点検しておけば早期発見出来ます。 安く修理も出来たこと思います。

デュトロのフレーム塗装

イメージ
デュトロのフレーム塗装 ▲最近デュトロのフレーム塗装素材が変わったのだろうか?と 良く燃える?良く発泡する?らしい 溶接する部分をしっかりと削らないと 塗装が燃えて泡立つらしい。

フォワード警告灯 DPD PM過蓄積P1454

イメージ
フォワード警告灯 DPD警告灯が点灯状態で入庫 点灯だったので燃焼出来なかった様子 診断機繋いで強制燃焼

レンジャーDPR清掃

イメージ
レンジャーDPR清掃 車検でお預かりしたレンジャー エンジン警告灯が点いている。 いろんなエラーが過去ログであったが 消してから走ってみると DPR差圧過剰が残る
 ▲差圧すごいです。詰まっています。 ▲目詰まり危険レベルでした。 マフラー落とします。
 ▲前側は汚れがたくさんいます。 掃除・合体・リセット・強制燃焼 試運転して終わり。

マフラー修理 排気パイプ穴

イメージ
マフラー修理 排気パイプ穴 ▲タイコの後ろが腐って穴が空いてます。


▲よくあるマフラー腐食の対応
このS字パイプはよく腐ります
仕方ないかもしれませんが。

荷台修理 アピトン床板 横根太交換

イメージ
荷台修理 アピトン床板 横根太交換 ▲床板に穴があった部分は水が侵入するので 横根太も腐ります。再利用不可能。


 ▲既存アピトン床を剥がした所 回送車仕様でもあるため横根太本数が多い 床穴あった部分以外の横根太が腐ってない 立派な作り フェンダー部分のボルトは取るのが大変なので
平板ごと切り取る。
▲横のレールを切り取る。
とても頑丈な作りに関心。。。
アピトン板も腐りが少なくレール内部まで
深く入り、レール3方がすべて溶接で
固められているためレール内部から残りを取り出せない構造。
仕方ないのでレール切断で残り部分を取り外し。
丈夫なボディゆえに? 分解交換する事を考えていない設計。
横根太・床板を取り付けた後に改めて溶接取り付けします。

 ▲フェンダー部分のボルト取れないので切取り
▲後ろの部分が一番ひどい腐り
これもまるごと取り外します。
ボルトがウィットネジで手持ちに無く
取り寄せします。

▲取り外して内部分解します。
分解にものすごい時間がかかっています。

 ▲後ろの横根太をものすごい丈夫な物に作成置き換え。

 ▲激しく腐っていた横根太は交換

 ▲残した横根太も これ以上水が侵入して
腐らないようにコーキング塗ります。
横根太腐食はビスの部分から水が侵入して
時間をかけて侵食してるので穴塞ぎは大事。
▲フェンダー上の横平鉄も新規作成
普通のボディには無い加工です。
このボディ ものすごい頑丈で
良く作られています

エルフ顔面修理

イメージ
エルフ顔面修理

▲社外品対応で進めたかったのですが コロナ時期で在庫無い様子なので純正手配に なってしまいました。





デンヨー発電機のグロープラグ

イメージ
デンヨー発電機のグロープラグ 部品商に発電機品番を渡して丸投げした私の失敗だ。 メーカー純正品はとっても高い。。 それを3本も購入してしまった。。 デンヨー1本でNGK品3本が買えます。 次回はこんな失敗はしない。。