クレーンの重整備

盗難されて仕方なく購入したというクレーン車
とっても古いのでいろいろ整備が必要です。
まずは作動油漏れ 作動油タンクがベースと一体型なので
ベース亀裂から油が漏れています。
その他ブーム動作など不具合あるので
一度リフレッシュ必要
下ろして地味に地味に修理をして行きます。
 ▲下ろすだけで大変 工具箱など邪魔者がたくさん
ボルトナットも古いので結構厄介です。







▲今までの所有者が直してきた跡があります
改めて修理溶接します。

 ▲作動油のサクションフィルター
ヘドロを吸っていました。
 ▲作動油タンク床面にはびこるヘドロ
 ▲灯油とスチームで清掃一式
 ▲駄目なホースは交換
 ▲地味に溶接
 ▲アウトリガー出して走行して衝突でも
したのでしょうクレーン取付ボルトブラケットが
曲がっています。

▲亀裂を探しては溶接を繰り返します。
▲強度的に補強が必要であれば当て板作成します。



▲地味な作業が続きます。
 ▲ブームをおろしてシリンダー分解

 ▲磨り減った摺導板
 ▲伸ワイヤーの交換、ワイヤーは切れてる部分あり
シーブのベアリングはガタガタでした。
▲全ての摺導板交換


 ▲シリンダーのピストン ガリ傷
作動油タンクのゴミだらけもあり
何が犯人かは分からない


▲テレ②ばらし
▲ピストンの緩みがあり切り替えバルブを
押し切れずに縮む事が出来ず。
▲テレ②のピストン パッキン交換します。 
▲ローラー交換 こんな部品ですが
結構高価です。。
 ▲アウトリガの引出に使うベアリング交換
ブラケットも下を向いているので修正
これが変わるだけで引出が楽になります。
 ▲両足を抜いてホース・ベアリング・ワイヤーの交換
 ▲アウトリガーワイヤーが千切れる寸前
交換すると引出がスムースになります。
足をしまうときは勢い良く仕舞わなければ
長持ちする部品です。
 ▲過巻の巻きすぎで自動ストップしないので
ソレノイド交換
▲巻上過ぎの防止が出来るので
ワイヤーを痛めることも事故も少なくなります。
URなので部品心配でしたがどうにか修理完了しました。



コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。