クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーンへのグリスアップはほどほどが良いです。
あげ過ぎると問題が出ます。
このクレーンは愛が大きすぎてグリスがてんこ盛り
になってしまいました。
ここになるまで何年もかかっていると
思いますがあげすぎです。
コードリールもグリスで絡むことがありますし
ほどほどでお願いします。


▲ブーム上部にはあげなくて良いです。
側面と下面だけ必要です。
 ▲グリスを落とします。。
 ▲切り替えバルブ交換
 ▲シリンダーのパッキン交換
▲以前にもパッキン交換された様子
ごつい工具使用されたみたいです。
この後組んで作動点検・荷重テストして終わりです。

コメント

  1. はじめまして。山梨県でトラックの整備をしております、社会人5年目のペーペーです。
    ブログとても興味深く拝見させて頂きました!
    ユニックの修理にとても興味があるのですが勉強するための教材もなく、このブログが教科書がわりです。
    教えて頂きたい事があります、
    この「切り替えバルブ」はどういう理由で交換したのですか??
    とても気になります!
    教えてください。

    返信削除

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理