クレーン修理 ソレノイド交換 ハンチング・ジャダー 75度作動油は危ない

 クレーン修理 ソレノイド交換 75度作動油は危ない



▲ハンチングやジャダーが起きていた。
作動油を全量 シリンダー内部含めて交換
常に動かし続けると作動油温度が75度まで
上がる 冷やさないと内部破損する恐れあり
HIABなどの様にオイルクーラーが無い
トラッククレーンは時々冷やす方が良い
ソレノイドも動き悪いところは交換。


コメント

このブログの人気の投稿

キャンター4P10ベルト切れ

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。