アオリ修理

 アオリ修理

▲左前腐食サビ
▲精工ラック・軽々ゲート不在
良く見る形
▲内側アオリ板の下側腐食
ボルト止め部分も腐食で不在
▲腐食部切り取り



▲形状復活
▲内側の板は純正では無く
手持ちのアピトン材を使用
溝切りしてハメ止め






コメント

このブログの人気の投稿

キャンター4P10ベルト切れ

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。