ユニッククレーン URG505 シリンダーパッキン交換

 ユニッククレーン URG505 シリンダーパッキン交換

動作順番がおかしなクレーンの修理


▲下ろします。
▲シリンダー単体にします。
▲チューブからロッド抜きます。
▲パッキン交換
▲内部点検しながら交換していきます。
▲Oリングのズレあり

▲こいつが原因かは不明
▲シリンダーAssyで動作点検
この油圧発生ユニットは手作りなんですが
機嫌を取るのが難しい。
▲でもこの状態で動作点検が必須です。
▲動きがまだおかしい
No1の切替バルブ怪しい
▲切替バルブ交換

▲治りました。
代替部品が無いと分からない修理です。
▲切替バルブの内部ピストンも交換









コメント

このブログの人気の投稿

キャンター4P10ベルト切れ

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。