後タイヤハウスにロープフック作成取付

 後タイヤハウスにロープフック作成取付

▲後タイヤハウスにロープフックが欲しいとの依頼
ここには横根太いないので通常はフックいません。
フェンダー外し状態 溶接跡で塗装が焼け
そこを研磨の塗装前状態です。
▲アングルにフックを溶接して
アングルに何個か丸穴を開けて
そこの丸穴抜け部分とレールを溶接
かなりがっちり取り付けることが出来ます。
一番上の写真は溶接跡が見える写真。
▲塗装すると最初からいるかの様に見えます。


コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。