荷台から落ちないための棒を立てる穴を作る

 荷台から落ちない為にロープを張る為の

棒を立てる穴を作る。正式名称は分からない。

ゼネコン等の大手では荷台から人が落下するのを防ぐために

荷台四隅に支柱を立て前後にロープを張り

作業員は安全帯でロープと連結

落ちないようにする。

すでに使用している車には後工作必要。

横アオリに抱かせるのが一番簡単だけども

後ろアオリを開いて荷物を乗せることがある人には

左右固定が出来ないので

荷台に穴を開けて棒を立てる方法しか無い。

▲鉄板床なので固定は溶接出来る。
▲支給品のパイプと棒のサイズに合わせて
荷台のレールがいない場所に穴を開けた。


▲床下は35cm アングルで固定

▲いつまで持つかな・・






コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。