古いエルフ 外装仕上げプラン

 古いエルフ 外装仕上げプラン

▲この車両はダンプクレーン
あと15年は乗れるようにきれいに仕上げをしたいとの依頼
外装をリフレッシュすべく作業します。
左コーナーパネルとバンパは交換
センターパネルを鈑金できれいにします。
▲左右リアフェンダーは新規作成
▲左右ドアは中古交換して塗装予定
▲左コーナーは新品
センターは鈑金修正
▲このセンターの凹みを
治すのは鈑金屋さんにお願いします。
▲一番最初の作業はクレーンを下ろして
全塗装・ホース全交換・作動油全交換予定
ちゃんとオリジナルのURAステッカーにします。
オークション出品物には新型ステッカーを
貼る趣味の人もいますが
こちらはオリジナルのステッカーを使用します。
ただ色はUCANのピンクに近い赤にします。






▲きれいになりました。
荷重計のステッカーは欠品

▲左右ドア交換
▲コボレーンシートも新規作成
▲サブタンクも交換
▲中古ドア取り付け
▲トリム交換




▲コーキング全部取り外し
▲Before
▲Before
▲修復前
▲修復前
▲外注さんで顔面修正して頂きました。
ありがとうございます。
▲コボレーン 
ブルーシートは補強用
▲この色で作成
補強用シート無し予定
▲既存コーキング全部撤去
新規コーキング打ち直し




▲ようやく塗装に入ります。



▲内部のドロ・油汚れが多く
塗装前に清掃












▲すっかりきれいになりました。














































コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。