軽ダンプのスコップ置き作成

 軽ダンプのスコップ置き作成






▲左側は電装品がついているので
少し狭い、右より面倒。
▲新明和のダンプの特徴
他の会社には有りません。
スズキだけが採用しています。
また新明和は絶対に落ちないとは言えないので
これを売りとして売っていません。
だから知ってる人しか知らない?
ピン取付しないで済むので
後加工しなくて良い
お客さんもピンをさしたりしないで気楽に開けれる。
ただし絶対に落ちないわけでは無いみたいです。
気をつけて使いましょう。


▲どっかに売ってないかと探したのですが
ボディ屋にも見つからず
もしかしたらダンプ架装屋には
あるのかも知れませんが。
仕方なく手作り
丸い部分を曲げるのは難しいので
パイプを半分に切断
ほかは溶接で繋いで作成となりました。










コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。