UNICローダー アルミ後アオリ お客さん修理

 UNICローダー アルミ後アオリ お客さん自分修理

3.5トン積載ローダー アルミアオリが破損した

アオリ側のピン受けが飛んだ。

お客さんが自前で修理したのを見せてもらいました。

▲鉄でピン受けフランジ部分を作成し
アルミアオリに貫通ボルトで留めています。
上側がナットだけなので強度的には
不安ですが我々は怖くて手が出せないので
これはこれで良しと考えます。
▲本来の姿
▲これが千切れるとは
何をしたらそうなるのか。
▲こっちは中身がいません
▲アオリのピン受けがいません
4つヒンジがあるところ右2個が破損
アルミなので修理不可、新品交換すると
安い中古車が買えます
お客さん頑張って自分で一つは修理しました。
でも一番右は諦めました様子。
▲ちょうど他のお客さんの車両がアルミアオリ
だったので参考に。
▲珍しい3500kg積載
▲本来のあるべき姿

▲これが切れていなくなっています。




コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。