クレーン修理 ポンプ突然死 不動となる。

 クレーン修理 ポンプ突然死 不動となる。

使っている途中で動かなくなった。

PTOが壊れて入らないか ポンプが壊れたか。

作業車で現場に行き 不具合を探すが

現場で治せる状態で無く、工作車のポンプから油圧をかけて

足とブームを格納し 走れる状態にして車を工場に持って帰ってきた。

今回の原因はポンプの突然死でした。

▲外れません。ボルトがダメ
切断して取り外し。
▲ポンプアダプターのスプラインの山が死亡
▲これはPTO側

▲取り外したポンプ
▲ポンプ側のスプラインもありません。
ポンプアダプターとポンプのスプラインは最後まで
がんばったようです。
▲手元にあった新品と旧品の比較

▲新品にはこの遠くからの写真でも山が見えます。
▲新品ポンプの山





▲交換するしかありません。





コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。