油圧切り替えレバーを室内から操作 パルフィンガーとアームロールの油圧切り替え

 油圧切り替えレバーを室内から操作 

パルフィンガーとアームロールの油圧切り替え

▲この切り替えレバーを室内から操作したいという依頼
前にパルフィンガー、後ろにアームロール


▲レバーの角度はいろいろ変えられます。
▲前まで来てるのはデュトロ純正ワイヤー
ちょうどPTOまでたどり着きます。
その後ろはエルフのミッションワイヤーを使用
▲引き幅調整のシーソーを作っています。




▲デュトロ純正の室内用ダンプレバーを取付し
純正ワイヤーで本来のPTO周りまではワイヤーを回します
切り替えレバーまでは全然届かないので 
その先はエルフのシフトケーブルを取り寄せ加工
全てが現物合わせの加工です
純正レバーの引き幅は少ないので
途中にリンクを作って引き幅を調整
最後にレバーを作って無事に引けるように調整。
レバーを引く力は油圧が残っていると固いのですが
仕方ありません。また、いつか壊れた時には
レバーのボルトナットを外して手動に
戻す方法をお伝えてして 作業完了。
あとは使ってもらって耐久性を見てみます。




コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。