プロペラシャフト修理 ガタ交換

 プロペラシャフト修理 ガタ交換

▲PTO入れてアクセル開けると異音がする。とのことで入庫
プロペラシャフトがガタついていました。
このまま使用してたら千切れて危険なことに。

▲取り外して、寸法採寸して新品で新規作成します。
溶接は回転した時にブレが出ないように慎重に行います。







コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。