クレーン修理 激しいワイヤー乱巻き

クレーン修理 激しいワイヤー乱巻き 
▲乱巻きでクレーンが使えない
という電話はよく有るのですが
ここまでひどい乱巻きは久しぶり
フックの動きを見てないんでしょうね
過巻スイッチのワイヤーを短縮してました。
それでキンクしてプラシーブを上手くかわせず
いろいろやってるうちに
こんなになったんでしょうね
当然取替なのですがなかなか手ごわい相手です。

コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。