クレーン修理 テレシリンダー沈降 縮みます落ちます

クレーン修理 テレシリンダー沈降 縮みます落ちます。
造園屋さんのクレーン点検をしていました。
造園屋さん仕様だとご理解下さい。
木を剪定する人達ですね
非常に怖いですね。
ブームが縮みます(テレシリンダーが縮む)
今回はテレシリンダー分解オーバーホールです。
ブームの長さが変わらずに下に落ちる時は
デリックシリンダー(起伏)等の作業となります。



▲ブームを下ろしシリンダーAssyを下ろし
分解しています。
 ▲残念なことに部品が破損して内部を傷つけていた。
今回はチューブとピストンの交換
▲こちらはまだ軽微な損傷
 ▲新しいチューブ
▲古いチューブ
シリンダーを組み上げて
この状態で油圧を入れて動作確認を行い
問題が無いことを確認した上でブームと合体
荷重テスト等の完成検査を行い修理終了。

コメント

このブログの人気の投稿

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理