クレーン塗装

中古クレーンの塗装をします。
クレーン整備を先に行い、その後塗装となります。
デリックシリンダーからの油漏れもありパッキン交換
操作レバーのバーが腐食してるので作成
ステッカーも全部はずし丸裸にして
油を落としてからの塗装。
バルブ周りに塗装が乗らないように気をつけます。



下地作り
結構面倒な作業です。
ブームステッカーも値段がそこそこします。


コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理