アオリの内側板の交換

アオリの内側板の交換をします。
支給された純正アオリ板は最初から穴が開いている高級品
普段は当方で穴を開けるのですが
今回はその作業が簡略化
ただ、クレーンついているので位置ズレあるので
若干は穴あけ直しも必要です。

 ▲穴が開いているのを喜びましたが
そう簡単に作業は進みません。
取り付けボルトが外れません一緒に回ります。
ナットを溶接してはずします。

 ▲作業前のオリジナルの状態 この感じはよくありますね
これで精工ラックとか付いていると更に悪化します。
▲作業後 綺麗です。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。