農機具 チッパーの溶接修理

農機具のカテゴリか良く分からないが
枝を粉砕する機械 チッパーというのだろうかの修理
と言っても機関的では無く単なる溶接修理
金属劣化で割れてしまった部分を溶接します。
右側が亀裂あるので左も見たけど左は平気
ここをえぐって溶接面を大きくしてくっつけて終わり。
その他エンジンオイルを変えたりキャタのテンション調整
して終わり。ベルトがたくさんあるがテンショナーが無い見たい。


 ▲右側割れています。
 ▲もろもろ外して溶接準備
 ▲左は割れ無し
▲鉄が腐ってるわけでは無いので経年劣化なのでしょう
無理のかかる機械なんでしょう。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。