パッカー車(塵芥車)のプロペラシャフト交換

パッカー車(塵芥車)のプロペラシャフト交換
本当はサイドブレーキワイヤーが切れたというので
入庫した車両ですが、諸々点検していくと
プロペラシャフトがもうすぐ千切れる状態
スパイダージョイントがガタガタなのは
よくあるのですが、今回のはもう内部破損して
スパイダー部分に亀裂・割れまで発生していた。
これが千切れるとシャフトが車体を勢い良く叩きまくり
自傷行為になる、恐ろしい事件になります。
我々クレーン屋だと、見ておかないと危ない箇所の一つ。

本題のサイドブレーキは見事にライニングが
旅立ち、鉄と鉄を擦り合わせて すっかり焼けていました。
今回のタイミングで気がついてくれて良かったです。


 ▲見事に欠けています。

 ▲だいぶ前から全然サイドブレーキ効いてないはずです。
綺麗にライニングが無くなり鉄と鉄の擦り合わせ状態です。

コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。