ダイナバンのトヨタ内製パワーゲート修理

ダイナバンのトヨタ内製パワーゲート修理
ゲートを出すのが渋いてこずる、当然収納もスムースで無い
トヨタ内製のパワーゲート、あまり見ない構造ゆえ
分解しないと何が悪いか分からない。
ベアリング死亡・ピン腐・磨耗など
ガタガタになっている。
グリスニップルなども無い様子なので
駄目になるべく駄目になったみたい
諸々交換・作成してスムースに開閉出来るように修理。

▲床下に隠れているゲートなのですが床が歪んで
ゲート板に干渉している。
プレスしながら溶接で平にしました。



▲全てのベアリングを交換します。

このアームも下向いているので肉厚加工して水平に戻します。
▲ここにもローラーがいました。
すっかり錆びているので磨き上げて新品ベアリング投入。
 ▼ベアリング交換します。
ローラーやベアリング交換などをしても構造的に
何か上手くスライドしないクセのあるPG
新車時のスムースさ加減が分からないのですが
これで修理完了。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理