キャブ乗換とダンプの歪み

事故でキャビンがつぶれたダンプの修理です。
幸い運転手さんは軽症とのこと。
ダンプも歪んで左フレームに接地せず浮いています。
▼中古キャビン 気が遠くなる作業が予想されます。。



 ▼事故の歪みで左フレームが接地しません。


 ▲見ることの無い珍しい状態
▲これまた見ることの無い珍しい絵
 配線Assyとコンピューターを取り出します。
事故車両ですが
エンジン始動・アイドルは安定していましたので流用。
ただ漏れた様子は無いのですが水が少なかった。
 ▼中古キャビンに入れ替え作業
面倒な作業。。
▼キャブ乗りました、とりあえず走れるようには
なりましたが。箱の歪みがひどいです。
 ▼箱がレールに着地していません。右に傾いています。

 ▼ヒンジの歪みや割れなど、一度開いたら閉められそうにない。
元々のダンプあおりの上に上物加工しているので構造的に弱いので
歪みが出やすい様子です。




▲この傾き・歪みを直します。
 
 ▲ダンプフレームが歪んでいます。修正作業。
▲無事に着地しました。
箱の歪みを直し後部ドアが開閉出来るように修正。
 ▲作業終了



▲ダンプのドアも開くようになりました。
ただこの作りのボディは剛性弱くなるので
また歪みは出ると思います。
事故の前から歪みや割れがあったと思われます。
とりあえず納車してしばらく様子見してもらいます。




コメント

このブログの人気の投稿

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理