マエダクレーンMC-180 昭和55年製

昭和55年の年代物クレーン修理を預かりました。
クレーンが途中で止まり これ以上動かない状態
これは手動レバーが無く全てがリモコン操作のみ
全部電気信号のみときわめてシンプル 
色々点検してみたところ非常停止を押すと
ヒューズが飛ぶ ソレノイドが怪しい
でも部品が無い・・
 オムロンのリレーも無いらしい
部品が無いうえに分解したら二度と
組めないかもしれない
色々やって動くようになり
お客さんにお返ししました。
素敵なマーク2のホイールキャップ
昔の金属製を被せていました
かっこよいです。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。