キャンター 過積載の恐ろしい顛末

ブレーキの効きが悪くなったと入庫した
キャンター ブレーキオイルがいない
運転席足元もホイール周りにもオイル跡が無い
一体どこから漏れたのだと下回り見ていたら
ブレーキパイプの磨耗からオイル漏れ
おそらく過積載によりマフラーパイプと
ブレーキパイプが物理的干渉したようです。
もう過積載はしないとお客さんの言葉を
聞きながらもマフラーパイプをタイコ後で
カットして二度と何をしても干渉しないよう
改造しました。

 全部純正のままだけどがんばると干渉するみたいです。



コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理