床板張替え依頼

 床板張替え依頼

アピトン28mm

馬蹄形床フック片側26個。。恐ろしい










▲フック部の張替えの場合
フックボルト脱着、フック取り出し
馬蹄形フック溶接部をレールから切り取り
新規板張替え、レール部高さ合わせ溝切り
馬蹄形フック形状に板をジグソーで切り取り
フックボルト取付
改めて馬蹄形フックをレールに溶接
最後に塗装する。
大工仕事と溶接仕事が混在する
大変な作業が予想されます。。
▲馬蹄形フック部分の板を交換するとなると非常に
大変なので、その内側の板交換見積もりを提案
それでも全長長く、既存板取外し
既存ボルト取外し、新規穴位置確認
新規板取付、フック部逃げカット等で
なかなかのお値段になりました。。
やるとなると非常に時間が掛かりそうです。
このまま連絡無いかも。


コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。