UDバン車 パワーゲート部荷台修理 サビとの闘い

 バン車 パワーゲート部荷台修理 サビとの闘い

▲サビて上蓋のショックの根本が朽ち取れました。
ブラブラになりました。
▲すごいサビです。



▲へこたれたゴムも新規手配
▲片側だけのショックではこの上蓋位置が精一杯
▲ショックも交換 手配します。


▲上蓋とりはずして横の角パイプを取り外し交換します。
▲左横の角パイプ もう原型ありません。

▲角パイプの下面にも大きな穴が。
▲左右ともに穴をふさぐ板が貼られていますが
見てくれだけで意味は無く
隠れたところで穴が大きくなりました。
▲右も取り外し交換 ゲートのロック固定穴も
ズレがあるらしく普段は素直に固定されない。
 こちらも最後に穴位置調整
▲巨大な穴







▲サビ変換材塗布や防腐処理などします。
この後角パイプ溶接の為に平面加工もします。
▲右も穴ふさぎます。


▲横から見た角パイプ ちょうど良いサイズを取り寄せて作成

▲隙間なく垂直に角パイプ溶接中

▲ショックがいないので上蓋はフォークで持ち上げています。
ショック用取付ネジ穴作って取り付けします。
新品ショックは気持ちよく上蓋を上の方に持ち上げます。
もう頭を叩かれることも無いでしょう。
▲コーキングを打ちます。
▲きれいに上蓋が上を向いています。



▲錆止塗装・簡易塗装を行いゴムパッキンを接着、もうすぐ完成です。
ゲート開閉レバーの飛び出る棒?の入る穴位置も
今までは大きくなってズレていてゲートを上下調整しながら
閉めていましたが今回は一発で閉まる様に調整しました。
だいぶストレスが無くなり快適なはずです。


▲穴にはもともとあった補強板を溶接



▲とりあえずゲート周りの錆との戦いは終了
これで数年は使えるはずです。




コメント

このブログの人気の投稿

クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーンへのグリスアップはほどほどに。テレシリンダーのオーバーホール。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。