荷台修理 ボディ修理 レール曲がり フック外へ曲がり飛び出し

 荷台修理 ボディ修理 レール曲がり フック外へ曲がり飛び出し

良くある不具合、長いこと使用しているとしょうがないです。

▲フックが外に、レールも外に飛び出ています。
荷物を絞めつけているうちになります。
▲もともとが作りボディ入ってるのでレール部に鉄棒や
フック2重などされています。

▲横根太が木なのでレールの接合部が割れます。
材質が木であれば仕方ないです。

▲横根太に鋼材を入れ床からの圧力も支え
フックと鋼材を溶接したので
横への引っ張りにも強くなります。
もういくらガッチャで引っ張っても取れないはずです。
またよほどの重量荷物を落とさない限り横根太が曲がることも無いはずです。
これで床鉄板だったらもうほぼ無敵なはず。

▲最後にフック形状・レール形状を戻して終了。

コメント

このブログの人気の投稿

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理