ダンプアオリをステンレス加工 錆がすごくて大改造になる。

ダンプの3枚扉の下側ドアにステンレスを巻き
ヒンジ部分も全部ステンレスに交換します。
錆がひどく、ステンレス化して今後の錆対策。


▲ヒンジ部分がつぎはぎ補強だらけで錆だらけ
▲しばらく錆との戦いが続きます。
▲上記の袋とじ部分を開けると
▲すごいものがでてきました。
▲歴史を感じます。
どうやって剥がれ落ちたのでしょう。
▲右も左も錆がてんこもり
▲全部とりはずしてステンレス板を曲げて交換します。
 ▲綺麗に切り取り
▲すっきりしました。
▲内壁の錆もひどい
 ▲横アオリの錆も落とすと。
 ▲綺麗に穴が開きました。3.2mmの鉄板を貫通する
錆はすごいです。

▲もう悪い部分を切り取り交換しかありません。
この上に鉄板貼っても仕方ありません。
 ▲気持ちよく切り落としました。


▲3.2mm鉄板を張り直し。


▲右側はなんとなく出来てきた。
▲左側も同様。
▲左も穴を開けました。
▲塞ぎ
 ▲ここも腐っています。
 ▲左右ともに切り抜き


 ▲サビドメも兼ねて塗装

▲コーキングもして
 ▲部分塗りはせず、全部塗るので表面研磨とサフェーサー
 ▲塗装前にサフェーサー処理


▲ようやく6mmのステン曲げ材が出来ました。
 ▲細かい寸法を合わせます、ステンは硬い
すぐに刃がだめになります。
 ▲合体

 ▲この後にヒンジを付けてあおりをつけて。
▲下から見た図
しっかり内部まで回しています。
 ▲後純正あおりにステンレスの曲げ材を貼り付けます。
 ▲純正あおりの角を落として
▲合体、荷台内部はステンでカバー
これで錆びにくくなるはずです。
 ▲下アオリは黒い部分以外は全面ステンで覆いました。



 ▲金具類は鉄です。純正支給品 
ステン探してみましたが見つからず。
▲ストッパもステン台座
▲塗装後



▲終わりました。
当社はクレーン屋なのですがこのあとも
ダンプが続きます。。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

ユニッククレーンアウトリガーの修理

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。