バッテリーの寿命 端子腐り

お客さんのお話では前日にバッテリーあがりが有り。
翌日午後の使用中にセルが回らずという不具合でお預かり。
バッテリー・セル・ダイナモと疑ったけが結局は
バッテリー端子の腐り・溶解とターミナル腐食だった。
ターミナル端子がかぶっているときには
見た目大丈夫な感じで、下側だけきれいに解けている。
結局はバッテリーとターミナル交換で修理完了。
端子が粉噴いていたら先に疑う方法にした方が良さそうだ。
まぁ交換するものが少なく安く上がって良かった。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理