クレーン修理 テレシリンダー沈降、縮み順番おかしい

クレーン修理 テレシリンダー沈降、縮み順番おかしい
▲フック外して、ブーム抜いて
これより分解

▲とりあえず下ろしました。
こっからシリンダーの分解点検します。
 ▲グリスあげすぎ。
特にブーム上のニップルからのは
あげすぎない様にお願いします。
 ▲コードリールパイプにつまり
コードリールが絡んだりします。
 ▲切り替えバルブのクッションシール
破損、油圧配管内を移動しています。



 ▲ピストン傷深い
これでは油圧逃げます。

 

 ▲すごいカジリ跡
  ▲だいぶ前からダメなはず。
▲いろんな物を交換して
作動油・エレメント交換して、掃除して
組みなおして伸縮ワイヤ調整して
動作確認して荷重テストして終わり。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理