クレーン取り付けボルトのガタからナット変形

クレーン取付ボルトが緩むと走行中作業中に
ガタガタして分かると思うのですが
直すことも無く走り続けると 下記のように
ボルトナット取付け部に変形が起き
ゆくゆくはクレーンが折れる・もげる可能性が
高まります。今回の車両ではなかなか
お目にかかれない位の変形ナットが出来ました。
当社で車検をやれば この辺のボルト・ナットも
見ますが、他のところだと見ないかもしれません。




▲すっかりツバ付きナットになっていますが
本来は左側の形状です、長い年月をかけて
揺さぶられて変形したのだと思います。
ボルトが伸びるもあります。
取付位置がずれることもあります。
定期的にクレーン年次点検を行いましょう。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理