クレーン沈降・落ちる・縮むの修理。アウトリガーの修理も。

クレーン沈降・落ちる・縮むの不具合有 とにかく危なくて使えない。
クレーンで荷物を吊っていると落ちてくるという症状。
不具合原因が数箇所あるので原因追求の実験をします。
まずは荷重をかけてどこが悪いのかを探します。
この子の場合はブーム内部のテレシリンダー(伸縮)が悪く
上から下に縮む症状が確認されました。
いちばん面倒な作業となりました、ブームを外します。

▲5段ブームなので内部にシリンダーが3本あります。
カンバラが2個、チェックバルブが1個
これを全部ばらしてパッキン交換や
部品丸ごと交換をします。



▲今回の沈降は、このOリングが切れたのが原因でした。
原因が分かると一安心です。

▲シリンダー組み上げた状態で動作実験、問題なし。
組上げたらクレーン全体での荷重テストします。


▲アウトリガー引き出しワイヤー交換。
アウトリガーのインナーボックスをまるごと抜き出します。
ワイヤーとベアリングを交換。
アウトリガーのベアリングですがベアリングメーカー品番と
UNIC使用のものは形状が異なります。
UNIC品は外径が52mm(ベアリングメーカー品番だと42mmが出ます)
なので素直にUNIC純正を使います。
片側4個で計8個の交換と調整でスムースに
アウトリガーが引き出せるようになりました。

コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理