中古車のクレーン架装 積載が全然取れない

商品車として中古平ボディに中古クレーンを架装しました。
自分が好きな型式KKのエルフ平ボディに
程度の良い4段クレーンの架装。
架装検討書でも十分な積載が取れない可能性はありましたが
ある程度作りこみをして陸事で予備検査をしました。
しかし結果はなんと1100kgしか取れず。。
元は2トンの平ボディなんですが。。
一筋縄では行きませでした。。
改めて積載を取る為に改造を始めます。

まずはボディを外します。
後にずらし 後荷重を増やし
ついでにウェイトを仕込
リアフェンダーをずらし
(面倒です、ブラケットも横根太も全部変更する)
サイドバンパ位置をずらし
フレーム延長して
ウェイトも積み込んで
最初からしょぼい前軸重を生かすためには
全てを後ろに中心点を移動する必要があります。
最終的には一人乗りという荒業もありますが
商品車にならないのでやれません。
 この鉄 1mで50kgほど
ボディを後にずらす為にフレーム延長です。
オーバーハングとの兼ね合いも考えます。
80kg程のバンパーウェイト完成 昔の車だから
このバンパでも大丈夫なはず

荷台を後に9cmずらして
このバンパで80kg荷重を掛けて
サイドバンパ・フェンダー移動して
6m超えたので反射板を何枚か取り付けして
陸事に行きました。
無事に2トン積載になりました。
これで販売できるようになります。
少し隙間が開きました。







コメント

このブログの人気の投稿

新明和アームロールCCA23-11の修理 動かない。

クレーン修理 PTO入れるとヒューズが飛びます。

ユニッククレーンアウトリガーの修理